日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

解剖学第2講座

所属構成員等

解剖学第2講座教授/石山巳喜夫
准教授/横須賀宏之,羽下・辻村麻衣子
講師/熊倉雅彦

研究テーマ

  • 歯の発生関連遺伝子の分子進化
  • 脊椎動物の歯の比較発生
  • 脊椎動物舌の形態および機能の進化
  • 爬虫類の口腔粘膜の超微構造変化の解析
  • インプラント周囲骨の生物学的安定性と骨形成の評価

以上のテーマについて、形態と機能および物質との関連を念頭におき、主に免疫組織化学および分子生物学的解析を行なっている。特に、本講座の伝統的課題である歯の比較発生学的研究は、最近では歯の発生過程における微細構造的変化の解析にとどまらず、進化にともなう遺伝子構造の変遷へと発展した。最近、エナメル質の起源が魚類の一部に見いだされることを分子進化学的に証明している。また、味覚器官の形態形成では、両生類を材料にF-actin を架橋する細胞骨格系タンパク質のビリン(villin)を味細胞のマーカーに用い、上皮細胞の分化機構の検討を行っている。また爬虫類の亀の一種において、口腔粘膜の構造にダイナミックな周年変化があることを見いだし、その超微構造的変化が明らかにされつつある。さらに、インプラント周囲の骨組織に関しては、インプラント植立後の既存骨と新生骨の長期的変化を、組織化学的および免疫組織化学的手法で観察しており、現在、これらの骨変化について多角的に検討を行なっている。

学生教育

1学年のヒトの一生、2学年の組織学、口腔組織・発生学、生体機能調節学の講義を、また3学年の組織学実習を担当している。歯学教育の現状を分析・把握し、実状に即した講義、実習を行うことを心がけている。

今年度研究上の特記すべき事項

  • 第44回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会 デンツプライ賞, 辻村麻衣子
  • 中原賢, 吉江紀夫, 2014年9月14日, 骨改造を制御するインプラント周囲細胞の免疫組織化学的検討

解剖学第2講座 研究年報


2012年

Fukushima T, Nashida T, Haga-Tsujimura M, Mataga I: Chitinase expression in parotid glands of non-obese diabetic mice, Oral Dis 2012;18: 506-512.

Imai A, Yoshie S, Haga-Tsujimura M, Nashida T, Shimomura H: Exocyst subunits are involved in isoproterenol-induced amylase release from rat parotid acinar cells. Eur J Oral Sci. 2012; 120: 123-131.

Uchiyama M, Maejima S, Yoshie S, Kubo Y, Konno N, Joss JMP: The epithelial sodium channel in the Australian lungfish, Neoceratodus forsteri (Osteichthyes: Dipnoi). Proc R Soc B. 2012; 279: 4795-4802.

Matsuda K, Haga-Tsujimura M, Yoshie S, Shimomura-Kuroki J: Characteristics of alveolar bone associated with physiological movement of molar in mice: a histological and histochemical study. Odontology. 2012; DOI 10.1007/s10266-012-0093-y

熊倉雅彦, 伊平雄輝, 横須賀宏之, 吉江紀夫:両生類の味覚器官におけるガスデューシンの発現と局在,両生類誌 2012: 23: 1-5.

Kumakura M, Ibira Y, Yokosuka, H Yoshie S: Expression and localization of gustducin in amphibian taste organs. Amph. hist. 2012; 23: 1-5

Nashida T, Sato R, Haga-Tsujimura M, Yoshie S, Yoshimura K, Imai A, Shimomura H: Antigen-presenting cells in parotid glands contain cystatin D originating from acinar cells. Arch Biochem Biophys. 2013; 530: 32-39.

Nashida T, Yoshie S, Haga-Tsujimura M, Imai A, Shimomura H:Atrophy of myoepithelial cells in parotid glands of diabetic mice; detection using skeletal muscle actin, a novel marker. FEBS Open Bio. 2013; 3: 130-134.

2013年

石山巳喜夫(分担):第2章 魚類の歯 (2)肺魚類, 第4章 爬虫類の歯 4)歯の組織構造 5)歯の発生 6)卵歯 2.無弓類 3.カメ類 4.鱗竜形類, 後藤仁敏他編, 84-87,101-108,歯の比較解剖学第二版, 医歯薬出版, 東京, 2014.

Ibira Y, Yokosuka H, Haga-Tsujimura M, Yoshie S. Occurrence of gustducin- immunoreactive cells in von Ebner's glands of guinea pigs. ☆Histochem Cell Biol. 2013; 140: 567-574. doi 10.1007/s00418-013-1094-9(学位論文)

Sasagawa I, Ishiyama M, Yokosuka H, Mikami M. Teeth and ganoid scales in Polypterus and Lepisosteus, the basic actinopterygian fish: An approach to understand the origin of the tooth enamel. ◎Journal of Oral Biosciences, 55: 76-84, 2013. Doi: org/10.1016/j.job.2013.04.001

熊倉雅彦:新刊紹介 北海道のサンショウウオたち, 両生類誌, 24:40, 2013.

熊倉雅彦:カエルの歯をみたことがありますか?, Web マガジン カエルタイムズ2014年号

羽下-辻村麻衣子:海外歯科あれこれ スイス・ベルン大学編, 日本歯科大学 校友会・歯学会会報, 39 (3):44-45, 2014.

2014年

2014年 解剖学第2講座 (PDFファイル)
【著 書】

辻村麻衣子: インプラント周囲骨の形成と骨リモデリング, 脇田 稔,前田健康,中村浩彰,網塚憲 編,口腔組織・発生学,2版, 医歯薬出版株式会社,東京, 2014.

【原 著】

Kobayashi T, Kumakura M, Yoshie S, Sugishima T, Horie Y. Dynamics of testis-ova in a wild population of Japanese pond frigs, Rana nigromaculate. J Exp Zool. 2015;323A:74-79.

Sasagawa I, Ishiyama M, Yokosuka H, Mikami M, Shimokawa H, Uchida T. Immunohistochemical and Western blot analyses of collar enamel in the jaw teeth of gars, Lepisosteus oculatus, an actinopterygian fish. Connective Tissue Res. 2014;55:225-233.

【総説・解説】

熊倉雅彦:研究会紹介 北海道爬虫両棲類, 両生類誌, 26:23, 2014.

熊倉雅彦:カエルと医学の話 万能細胞の生みの親はカエル? Web マガジン カエルタイムズ2015.

中原 賢, 羽下-辻村麻衣子: 歯科界の潮流 「海外歯科研究の動向」高齢化する世界へのアプローチ, 歯学, 102(春季特別号): 70-73, 2015.

2015年

【原 著】

*Igarashi K, Nakahara K, Haga-Tsujimura M, Kobayashi E, Watanabe F. Hard and soft tissue responses to three different implant materials in a dog model. ☆◎Dent Mater J. 2015; 34: 692-701. doi : 10.4012/dmj.2014-361. (学位論文)

*Imai A, Tsujimura M, Yoshie S, Fukuda M. The small GTPase Rab33A participates in regulation of amylase release from parotid acinar cells. ☆◎Biochem Biophys Res Commun. 2015; 461: 469-474. doi : 10.1016/j.bbrc.2015.04.022.

2016年

【原 著】

Braasch I, Gehrke AR, Smith JJ, Kawasaki K, Manousaki T, Pasquier J, Ishiyama M (29th) (61 authors). The spotted gar genome illuminates vertebrate evolution and facilitates human-teleost comparisons. ☆◎Nature Genet. 2016; 48: 427-437. doi : 10.1038/ng.3526.

*Sasagawa I, Oka S, Mikami M, Yokosuka H, Ishiyama M, Imai A. Immunohistochemical and western blotting analyses of ganoine in the ganoid scales of Lepisosteus oculatus: an actinopterygian fish. ☆◎J Exp Zool (Mol Dev Evol). 2016; 326B: 193-209. doi : 10.1002/jez.b.22676.

*Saulacic N, Nakahara K, Iizuka T, Haga-Tsujimura M, Hofstetter W, Scolozzi P. Comparison of two protocols of periosteal distraction osteogenesis in a rabbit calvaria model. ☆◎J Biomed Mater Res Part B. 2016; 104B: 1121-1131. doi : 10.1002/jbm.b.33461.

Nakahara K, Haga-Tsujimura M, Iizuka T, *Saulacic N. Periosteum-induced bone formation by distraction osteogenesis: histologic and microcomputed tomography analysis. ☆◎Int J Oral Maxillofac Implants. 2016; 31: 785-792. doi : 10.11607/jomi.4316.

Nakahara K, Haga-Tsujimura M, Sawada K, Kobayashi E, Mottini M, Schaller B. Single-staged vs. two-staged implant placement using bone ring technique in vertically deficient alveolar ridges - Part 1: histomorphometric and micro-CT analysis. ☆◎Clin Oral Implants Res. 2016; 27: 1384-1391. doi : 10.1111/clr.12751.

Nakahara K, Haga-Tsujimura M, Sawada K, Mottini M, Schaller B, Saulacic N. Effects of collagen membrane application and cortical bone perforation on de novo bone formation in periosteal distraction: an experimental study in a rabbit calvaria. ☆◎Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2017; 123: 173-182. doi : 10.1016/j.oooo.2016.09.012.

外部研究費


2010年

1) 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C (継続)、梨田智子(代表),下村浩巳,吉江紀夫,今井あかね,モデルマウスにおける唾液腺非刺激分泌タンパク質の解析と口腔 乾燥症への臨床応用

2) 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C (継続)、今井あかね(代表),下村浩巳,吉江紀夫,梨田智子,唾液腺における分泌顆粒の開口放出制御機構に関する研究

3) 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)(継続),羽下麻衣子,インプラント-骨界面の生物学的安定性の検証

2011年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) (新規)  梨田智子(代表),今井あか ね,吉江紀夫 シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺アクアポリン5の動態とその分子 機構の解明

日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)(新規) 羽下麻衣子(代表) イン プラント周囲骨の生物学的安定性に関する3次元的検証

2012年

日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)(継続),辻村麻衣子(代表),インプラント周囲骨の生物学的安定性に関する3次元的検証.

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) (継続), 梨田智子(代表),今井あかね,吉江紀夫,シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺アクアポリン5の動態とその分子機構の解明.

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) (新規), 今井あかね(代表),梨田智子,吉江紀夫,辻村麻衣子,唾液腺腺房細胞の開口分泌に関わる分子の発現と動態解析.

2013年

1) 日本学術振興会科学研究費補助金, 若手研究(B)(継続), 3年,インプラント周囲骨の生物学的安定性に関する3次元的検証, 辻村麻衣子(羽下麻衣子)(代表), 本年度1,060,000円(総取得額 4,160,000 円).

2) 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究(C) (継続), 3年,シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺アクアポリン5の動態とその分子機構の解明,梨田智子(代表),今井あかね,吉江紀夫,本年度 1,430,000円 (総取得額 5,070,000円).

3) 日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究(C) (継続), 3年,唾液腺腺房細胞の開口分泌に関わる分子の発現と動態解析,今井あかね(代表),梨田智子,吉江紀夫,辻村麻衣子,本年度 1,820,000円(総取得額 5,330,000円).

4) ITI Research Grant(新規、No. 896_2013), 2年, Comparing autogenous cortical bone in vertical augmentation and single-stage implant placement to staged-procedure, A dog study, Nakahara K, Saulacic N, Haga-Tsujimura M, Sawada K, Schaller B, Iizuka T, 3,789,560円.

2014年

日本学術振興会科学研究費補助金, 若手研究(B)(継続), 2011-2014年度,インプラント周囲骨の生物学的安定性に関する3次元的検証, 辻村麻衣子(羽下麻衣子)(代表), 本年度 期間延長により昨年度の繰り越し(総取得額 4,160,000 円) .

日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究(C) (継続), 2012-2014年度,唾液腺腺房細胞の開口分泌に関わる分子の発現と動態解析,今井あかね(代表),梨田智子,吉江紀夫,辻村麻衣子, 本年度 910,000円(総取得額 5,330,000円).

ITI Research Grant (No. 896_2013)(継続), 2013年7月-2015年7月, Comparing autogenous cortical bone in vertical augmentation and single-stage implant placement to staged-procedure, A dog study, Nakahara K(代表), Saulacic N, Haga-Tsujimura M, Sawada K, Schaller B, Iizuka T, 本年度1,515,824円(総取得額 5,157,550円: ITI 3,789,560円, Straumann AG 1,367,990円).

DENTSPLY Implants Investigator initiated studies (I-AN-14-036)(新規), 2014年4月-2015年12月,Saulacic N(代表), Nakahara K, Haga-Tsujimura M, Iizuka T, Augmentation techniques in vertical alveolar defects for single-stage implant placements: A comparative animal study, 本年度1,742,000円(総取得額 1,742,000円).