日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

歯科放射線学講座

所属構成員等

歯科放射線学講座イメージ教授/土持眞
准教授/羽山和秀
講師/亀田綾子
助教/竹澤晴香 (併任)
客員教授/川瀬知之、坪川紀夫
非常勤講師/小坂井透、高瀬裕志、青山英史
事務職員/渡邉恭子

歯科放射線学講座は、診療科所属(2001年から)の佐々木善彦(講師)、織田隆昭(講師)、諏江美樹子(助教)と有機的に結合し教室を構成している。検査機器としては歯科X線撮影装置4台、回転方式パノラマX線装置2台、口腔内線源方式パノラマX線装置1台、顎関節規格撮影装置1台、頭部X線規格撮影装置1台、一般撮影用X線撮影装置2台、X線テレビ1台のほか、X線CT、pQCT、MRI装置、デジタルアンギオ装置、SPECTγカメラを設置している。また放射線治療用に高エネルギーX線発生装置および放射線治療計画装置が稼働する、歯学部としてはわが国最高水準の設備を有している。

研究テーマ

研究としては、(1)口腔癌の研究、(2)分子イメージングの研究、(3)小型CdTe半導体ガンマカメラの開発および臨床応用、(4)顎関節症の画像診断、(5)放射線治療時鉛遮蔽ブロックによる遮蔽臓器の線量計算法に関する研究、(6)核医学による唾液腺機能の評価、(7)核医学の臨床応用、(8)いびきとMRI咽頭形態との関係などを実施し、国内、国外で学術活動を行っている。現在まで学内、学外(浜松医科大学医学部、慶応義塾大学医学部、東京医科歯科大学、新潟大学歯学部、新潟大学工学部)、国際的(カリフォルニア大学ロサンゼルス校歯学部、Canniesburn Hospital形成外科(グラスゴー)、John Wayne Cancer Institute外科(ロサンゼルス)、オランダ国立癌研究所附属病院外科)などの多施設と共同研究等を行ってきている。

その他

2004年にTsuchimochi M.らの小型半導体ガンマカメラについての研究論文( European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging)が核医学の賞としては国際的に権威あるヨーロッパ核医学会最優秀論文賞を受賞した。また、1998年に堅田勉らのインプラントMPR画像の研究論文(歯科放射線)が日本歯科放射線学会学術奨励賞を受賞した。2005年には老化に関するKameta A.らのhamTERT gene expressionについての論文(UCLAとの共同研究、International Journal of Oncology)が第13回日本歯科大学歯学会学術研究奨励賞を受賞した。2009年にTsuchimochi M.らの小型半導体ガンマカメラについての臨床研究論文( Journal of Nuclear Medicine)が平成20年度日本歯科放射線学会賞(優秀論文賞)を受賞した。

歯科放射線学講座 研究年報


2012年

共著,土持 眞, 分担 第4章 関節の外傷と障害,48. 顎内障 〔顎関節〕p124,できる!画像診断入門シリーズ,骨軟部画像診断のここが鑑別ポイント改訂版,編集  福田国彦,羊土社,東京,2012年10月20日発行

Raweewan Arayasantiparb, Makoto Tsuchimochi, Somsak Mitrirattanakul: Transformation of temporomandibular joint disc configuration in internal derangement patients using magnetic resonance imaging. Oral Science International 2012;9:43-48.

2013年

Makoto Tsuchimochi, Kazuhide Hayama: Intraoperative gamma cameras for radioguided surgery: Technical characteristics, performance parameters, and clinical applications. Physica Medica (European Journal of Medical Physics) 2013; 29 (2): 126-138.

Makoto Tsuchimochi. Research on the mesenchymal stem cells in the maxillo-facial region and bone tissue regeneration. Japanese Dental Science Review 2013; 49 (1): 45-46 (Editorial commentary).

Makoto Tsuchimochi, Kazuhide Hayama, Michio Toyama, Ichiro Sasagawa, Norio Tsubokawa.: Dual-modality imaging with 99mTc and fluorescent indocyanine green using surface-modified silica nanoparticles for biopsy of the sentinel lymph node: an animal study. EJNMMI Res (European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging Research). 2013; 3(1):33 (1-11) . doi: 10.1186/2191-219X-3-33.

Kazuhide Hayama, Makoto Tsuchimochi, Haruka Yamaguchi, Takaaki Oda, Mikiko Sue, Ayako Kameta, Yoshihiko Sasaki: Dynamic analysis of technetium-99m HMDP accumulation and its effect on regional bone metabolism and bone blood flow in bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw. Oral Radiology 2013 June, published online, DOI 10.1007/s11282-013-0146-0

2014年

【原 著】

Kawase T, Kamiya M, Hayama K, Nagata M, Okuda K, Yoshie H, Burns DM, Tsuchimochi M, Nakata K. X-ray and ultraviolet C irradiation-induced γ-H2AX and p53 formation in normal human periosteal cells in vitro: markers for quality control in cell therapy. Cytotherapy. 2015;17:112-123.

【総説,解説】

山口晴香、羽山和秀、亀田綾子、笹川一郎、吉江紀夫、坪川紀夫、土持 眞:PAMAMシリカナノ粒子を用いた複合イメージング,PET journal,28:25-27,2014.

【翻 訳】

羽山和秀、土持 眞、山口晴香、織田隆昭、諏江美樹子、亀田綾子、佐々木善彦:Tc-99m HMDP集積の動態解析によるビスホスホネート関連顎骨壊死が局所骨血流と骨代謝に及ぼす影響に関する検討(secondary publication),臨床放射線60巻,金原出版,東京,2015.

2015年

【原 著】

*山口晴香, 羽山和秀, 亀田綾子, 吉江紀夫, 笹川一郎, 坪川紀夫, 土持 眞 (7th) (7 authors). 多機能性シリカナノ粒子による複合イメージングプローブの可能性.第41回新潟核医学懇話会記録集. 2015; 54-61.

Kawase T, Tanaka T, Okuda K, Tsuchimochi M, Oda M, Hara T. Quantitative single-cell motility analysis of platelet-rich plasma-treated endothelial cells in vitro. ☆◎Cytoskeleton (Hoboken). 2015; 72: 246-255. doi : 10.1002/cm.21221. Epub 2015 Apr 28.

Kamiya M, Kawase T, Hayama K, Tsuchimochi M, Okuda K, Yoshie H. X-Ray-Induced Damage to the Submandibular Salivary Glands in Mice: An Analysis of Strain-Specific Responses. ☆◎Biores Open Access. 2015; 4: 307-318. doi : 10.1089/biores.2015.0017. eCollection 2015.

Kawase T, Hayama K, Tsuchimochi M, Nagata M, Okuda K, Yoshie H. Evaluating the Safety of Somatic Periosteal Cells by Flow-Cytometric Analysis Monitoring the History of DNA Damage. ☆◎Biopreserv Biobank. 2016; 14: 129-137. doi : 10.1089/bio.2015.0072. Epub 2016 Feb 1.

2016年

【原 著】

*Kawase T, Hayama K, Tsuchimochi M, Nagata M, Okuda K, Yoshie H. Evaluating the Safety of Somatic Periosteal Cells by Flow-Cytometric Analysis Monitoring the History of DNA Damage. ☆◎Biopreserv Biobank. 2016; 14: 129-137. doi : 10.1089/bio.2015.0072.

*Kawase T, Okuda K, Nagata M, Tsuchimochi M, Yoshie H, Nakata K. Non-invasive, quantitative assessment of the morphology of γ-irradiated human mesenchymal stem cells and periosteal cells using digital holographic microscopy. ☆◎Int J Radiat Biol. 2016; 92: 796-805. doi : 10.1080/09553002.2016.1230242.

Yamaguchi H, *Tsuchimochi M, Hayama K, Kawase T, Tsubokawa N. Dual-Labeled Near-Infrared/99mTc Imaging Probes Using PAMAM-Coated Silica Nanoparticles for the Imaging of HER2-Expressing Cancer Cells. ☆◎◇Int J Mol Sci. 2016; 17: 1086. doi : 10.3390/ijms17071086. (学位論文)

*Oda T, Sue M, Sasaki Y, Kameta A, Okada Y, Tsuchimochi M. Extraosseous plasmacytoma of the Maxilla: CT and MRI findings. ☆Oral Science International. 2017; 14: 18-21. doi : 10.1016/S1348-8643(16)30015-5.

*Kameta A, Oda T, Ogura I, Ono J, Kanri Y, Okada Y, Tsuchimochi M (7th) (7 authors). Metastasis of colon adenocarcinoma to the mandible:A case report. ☆Oral Science International. 2017; 14: 22-25. doi : 10.1016/S1348-8643(16)30023-4.

外部研究費


2010年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般) (継続) ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究,土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)

2011年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)(継続)ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究,土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般) (新規)RIと近赤外蛍光との複合イメージングを用いた腫瘍画像化の試み,羽山和秀(代表),土持 眞(連携),坪川紀夫(連携)吉江紀夫(連携),笹川一郎(連携)亀田綾子(連携),

2012年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)(継続)ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究,土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般) (新規)RIと近赤外蛍光との複合イメージングを用いた腫瘍画像化の試み,羽山和秀(代表),土持 眞(連携),坪川紀夫(連携)吉江紀夫(連携),笹川一郎(連携)亀田綾子(連携)